ロータリー平和フェローシップ:候補者の推薦

ロータリー平和フェローシップの申請プロセスにおいて、地区による候補者の面接と推薦は大変重要な要素です。ロータリー財団はこれらの要素が欠けている申請書を審査することはできません。

地区は、この推薦プロセスを担当する、地区ロータリー平和フェローシップ小委員会委員長を任命すべきです。クラブは、資格を満たした候補者を見つけ、指導を提供することができます。

ステップ1:候補者を見つける

  • ロータリー平和フェローシップを推進する
  • 候補者と会い、どの平和センターのプログラムが関心に沿っているか確認する

ステップ2:候補者を指導する

  • 提携大学における修士号取得プログラムについて徹底した下調べをするよう候補者を奨励する
  • 候補者によるオンライン申請を支援する
  • 地区に申請書を提出する締切は5月31日であることを候補者に伝える

ステップ3:面接を実施し、候補者を推薦する

  • オンラインで、提出されたすべての申請書に目を通す
  • 資格を満たした候補者と面接し、地区で推薦するかどうかを決める(クラブからの推薦も強く奨励されていますが、必須ではありません)

ステップ4:財団に推薦を提出する

  • 推薦書式を7月1日までにオンラインで提出する
  • 申請書の提出と推薦の手続きが完了したことを通知する確認を受け取る(地区ならびに候補者)

推薦する

ステップ5:結果の通知

  • ロータリー平和センター委員会は10月に最終候補者と補欠を選考する
  • 候補者と地区には、11月に結果が通知される

ロータリアンのためのリソース

推進用リソース