交換留学の実施

人生を変えるような貴重な経験を若者に味わってもらいたい。そんな思いをかたちにできるのが「ロータリー青少年交換」です。学生たちが新しい文化や習慣に触れることで、グローバルな理解が芽生え、平和の土台が築かれます。さらにその恩恵は、学生たちだけでなく、留学生を世話するロータリークラブやホストファミリーにも及びます。

交換の種類

短期交換:数日間から数カ月間までの短期交換は、夏休みや春休みといった学校が休みの期間に行われます。多くの場合ホストファミリー宅に滞在しますが、世界中の交換留学生たちとともに合宿やツアーに参加することもあります。

長期交換:海外で1年間を過ごす長期交換では、ホストファミリー宅に滞在しながら、現地の学校に通います。

実施している交換の種類は地区によって異なるため、交換学生の派遣や受け入れに関心のあるクラブは、地区の青少年交換委員長までお問い合わせください。

クラブが青少年交換に参加するには?

青少年交換は地区によって運営されますが、交換の成功にはクラブ、ロータリアンとその家族、地域社会の人びとの協力を欠かすことができません。

参加に関心のあるクラブは、地区の青少年交換委員長に連絡してください。また、新しい交換を始める前に、「青少年交換要覧」と地区の方針を確認しておきましょう。

青少年交換でクラブが果たす役割

地元から海外へ、また海外から地元への交換留学生のための手配や世話に加え、クラブは次のような役割を担うこともあります。

  • 地区と調整を図りながら青少年交換の活動を実施する
  • 地区での青少年交換会議に出席する
  • 出席が義務付けられている行事(オリエンテーションや地区大会)に交換留学生が出席するよう確認する

青少年交換役員、ロータリアン・カウンセラー、ホストファミリーなど、そのほかの役割については「青少年交換要覧」をご参照ください。

学生を海外に派遣する

青少年を外国に派遣することには、大きな責任が伴います。学生の募集から留学中のケアまで、クラブが以下の事柄に協力するよう求められる場合もあります。

  • 交換留学生の募集
  • 地区での最終選考のための候補者との面接
  • 出発前のオリエンテーションや研修の実施
  • 経済的な負担やプログラムの規則について親や保護者に説明
  • 交換留学中の学生との連絡

海外からの交換留学生を受け入れる

海外からの交換留学生にとって、一番の頼りとなるのがクラブです。クラブが以下の事柄に協力するよう求められる場合もあります。

  • ホストファミリーの募集と選考
  • 交換留学生が通う学校との連絡
  • ボランティアやホストファミリーへの研修
  • 交換が始まる前の留学生との連絡
  • 留学生到着後のオリエンテーションの実施
  • 地域社会やロータリーの活動(ロータリークラブ、インターアクト、ローターアクト、RYLAイベントなど)への交換留学生の参加の手配

多地区合同青少年交換グループ

広い地域にわたって地区が合同でロータリー青少年交換を実施する場合もあります。地元エリアに多地区合同青少年交換グループがあるかどうかは、地区の青少年交換委員長にお問い合わせください。

学生の安全と地区の認定

海外留学は楽しく、貴重な経験ですが、政情不安、自然災害、犯罪、事故、病気などのリスクもあります。学生の安全を守るため、地区がロータリー青少年交換プログラムに参加するにはRIから認定を受ける必要があります。海外地区との交換を計画する前に、認定を受けていない地区のリストを確認しておきましょう。

ロータリー 青少年保護の手引きに掲載されている「青少年と接する際に行動規範」および学生の安全とリスク管理に関する情報をご参照ください。

青少年交換に参加するための地区の認定について、詳細はyouthexchange@rotary.orgまでお問い合わせください。

青少年交換での留学に関心のある方へ

交換留学に関する詳細は、最寄りのロータリークラブまでお問い合わせください

リソース&参考資料

動画

ツール

ロータリーからの支援

  • 地区青少年交換委員長
  • 地区ガバナー

お問い合わせ:youthexchange@rotary.org.