戦略計画

ロータリーがこれからもダイナミックな組織でありつづけ、世界中の地域社会に貢献していくための将来への指針となるのが、ロータリーの戦略計画す。

この戦略計画は、アンケート調査、フォーカスグループ(座談会調査)、委員会、会合を通じて集められた会員の意見を基に形づくられました。ロータリーがこれからも目標に向けて前進しつづけていくために、戦略計画は、ロータリアンの願いや希望を取り入れながら進化していきます。

6月、理事会と管理委員会は、ロータリーの新しいビジョン声明を承認しました。

「私たちロータリアンは、世界で、地域社会で、そして自分自身の中で、持続可能な良い変化を生むために、人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています」

この新しいビジョン声明は、ロータリーがこれからも長期的に繁栄していくために、未来の方向を定めるものであり、ロータリーが世界と会員にもたらしたいと願うインパクトを表しています。

ビジョン声明の作成にあたっては、先入観のない視点をもつために、プラニングと変革管理を専門とするコンサルティング会社、グラントソートンの力を借りました。

グラントソートンと協力の下、ビジョン作成の参考とするため、ロータリアン、ローターアクター、財団のパートナー団体、ロータリー学友、ロータリアン行動グループなどを対象としたアンケート調査、座談会調査、インタビューを実施しました。「すべての人に理解され、受け入れられるビジョンとするために、多様なフィードバックに基づいてビジョンを創りだすことが極めて重要だった」とステファニー A. アーチック戦略計画委員長は述べます。

「アンケート調査や座談会調査の恩恵は計り知れません。率直な意見を聞くことは、ロータリアンの特質を形づくる真の精神、共通の価値観、優先項目を理解するだけでなく、私たちの仕事の次の段階、つまり、ビジョンに息吹を与えるのに必要な戦略計画と優先事項を立てるための豊かな土壌をつくるためにも貴重なのです」

ロータリーは現在、次の戦略計画の土台となる優先事項を練るための作業を行っています。優先事項と戦略計画に関する詳細は、今後数カ月以内にお伝えする予定です。