戦略計画

ロータリーの戦略計画は、未来の枠組みを設けることで、世界各地でより良い地域社会づくりを行う定評あるダイナミックな団体としてロータリーが評価され続けるようにするものです。

ポリオ撲滅まであと少しのところにあるロータリーは、さらに多くの人の結束を促し、活動のインパクトをたかめ、世界に変化をもたらしていくための新たな道を切り開くときが来ています。

ロータリーのリーダーたちは、2020年度以降にロータリーを導くための戦略計画を立てています。現行の戦略計画は2019年6月30日までのものです。

6月、ロータリー理事会と財団管理委員会は、次なる戦略計画の土台となる4つの主な優先事項と目的を承認しました:

より大きなインパクトをもたらす

ロータリーは、人びとの生活をより良くするための変化をもたらそうと努力しています。ロータリー会員は、幅広い奉仕活動でボランティアとなり、資金的なリソースを捧げていますが、今後は活動の結果と成果をより効果的に図っていくこととなります。ロータリーは、入会者、協力団体、寄付者にとって魅力ある団体であり続けるために、プログラムに力を注ぎ、持続的な成果を実証していきます。

目的:

  • ポリオを撲滅し、残された資産を活用する
  • ロータリーのプログラムおよびロータリーが提供する体験に焦点を当てる
  • 活動成果を挙げ、それを測る能力を高める

参加者の基盤を広げる

人びとは、世界に変化をもたらし、人間関係を築く方法を求めています。私たちは、人びとが求めていることをロータリーで見つけられるよう、どのように手助けできるでしょうか。その答えは、より多くの人や組織が参加できる独特な機会を創り出すことです。クラブは、これからもずっと大切です。その一方で、全世界に会員基盤を広げるために、より多くの参加者をロータリーに迎え入れる画期的なモデルを使って現在の構造を拡大し、一体となって行動できる意義ある方法を提供していきます。

目的:

  • 会員基盤と参加者の基盤を広げ、多様化する
  • ロータリーへの新しい経路を創り出す
  • ロータリーの開放性とアピール力を高める
  • 活動成果とブランドに対する認知を築く

参加者の積極的なかかわりを促す

めまぐるしく変わる現在の世界にクラブが直面している課題を認識しているロータリーは、会員の参加と維持を促すような経験をクラブが提供できるよう支援します。会員に経験と価値を提供できるようクラブを支援することで、ともに奉仕し、人間関係を広げ、より満足のいく経験をロータリーで得られる機会を、ロータリアンや他の参加者に提供することができます。

目的:

  • クラブが会員の積極的参加を促せるよう支援する
  • 価値を提供するため、参加者中心のアプローチを開発する
  • 個人的/職業的なつながりを築くための新たな機会を提供する
  • リーダーシップ育成およびスキル研修の機会を提供する

適応力を高める

ビジョンを達成し、変わりゆく世界的な傾向に追いつくため、構造と文化を進化させていかなければなりません。私たちは、すべての参加者を効率よく、柔軟で、効果的に支援できるような運営とガバナンスの構造を築きます。

目的:

  • 研究と革新、および進んでリスクを負うことへの意思を奨励する文化を築く
  • ガバナンス、構造、プロセスを合理化する
  • 意思決定におけるより多様な考え方を育むために、ガバナンスを見直す

今後の予定

次年度に上記の新たな優先事項と目的を達成するための戦略と実行項目が立てられます。

リソース&参考資料