個人データの使用に関する方針

ロータリーにおいて、リーダーシップの役割に就任する人には、国際ロータリーとロータリー財団の機密情報とされる個人データへのアクセス権が与えられます。

個人データを扱う際は、ロータリーのプライバシーの方針を順守する必要があります。プライバシーの方針は、次のページで確認できます: https://my.rotary.org/ja/privacy-policy

  1. 個人データは、その単独データから、または他の情報と関連付けて特定される、または特定され得る個人に関連する一切の情報です。個人データの例として、以下があります。
    a. 氏名、および以下に列記される情報
    b. 住所
    c. 電話番号
    d. Eメールアドレス
    e. ジェンダー/性別
    f. 婚姻状況
    g. 配偶者の氏名
    h. 職業
  2. 個人データは、ロータリーの中核的な事業目的(以下を含む)においてのみ使用されます。
    a. ロータリアンに対するロータリーの義務履行
    b. ロータリー財団の支援(ファンドレイジング活動を含む)
    c. 国際大会と特別行事の計画の調整
    d. ロータリーの主要メッセージの伝達
    e. ロータリーのプログラムと会員のサポート
  3. 個人データは、認可された目的にのみ使用でき、個人データが共有される目的とは無関係であるその他一切の目的において使用または開示することはできません。
  4. 個人データを第三者に開示・提供することはできません。
  5. 個人データは、安全に保管および移動されなければなりません。また、個人データに関する違反(権限を有しないデータアクセスや不意の情報共有を含む)を発見またはその疑いを察知した場合は、直ちにロータリーに通知しなければなりません。その場合は、あなたとの連絡を担当するロータリー職員と、ロータリーのプライバシー担当部(Eメール:privacy@rotary.org)にご連絡ください。
  6. 個人データは、その情報が提供される目的で必要とされる範囲においてのみ保有されるべきです。あなたは、その目的を終了し次第、安全な方法で個人データを破棄しなければなりません。
  7. あなたは、個人データを扱う際、ロータリーのプライバシーの方針(https://my.rotary.org/ja/privacy-policy)に従うこととなります。