ロータリー財団委員会

2018-19年度委員会の空席に申請する (締切:8月11日)

委員会と申請プロセスに関する詳細


基本的教育と識字率向上大口寄付推進委員会

基本的教育と識字率向上の重点分野に対し、3~5年で2500万ドルの寄付を集める活動を先導・調整します。

委員長

アン L. マシューズ


寄付推進委員会

寄付推進のあらゆる側面(戦略的方向性、方針、ガイドラインの作成や推奨なども含む)について管理委員会を援助し、助言を提供します。委員は寄付推進と財団への資金的支援を行います。

委員長

ロン D. バートン


投資委員会

投資の方針と指針について管理委員会と理事会に推奨し、投資ポートフォリオの実施と管理を監督します。

委員長

ロン D. バートン


平和大口寄付推進委員会

平和と紛争予防/紛争解決の重点分野ならびにロータリー平和センターのために、7,500万ドルの寄付(現金と誓約を含む)を集める活動を先導・調整します。

委員長

クリス M. オファー


プログラム委員会

ロータリー財団プログラムに関する助言と評価を行います。

委員長

ウィリアム B. ボイド


RI/USAID(米国開発庁)運営委員会

ロータリーとUSAID(米国開発庁)とのパートナーシップを監督し、覚書に記載されている義務を実行します。

委員長

メアリー・ベス・グロウニー・セリーン


ロータリー平和センター委員会

ロータリー平和フェローの選考を行い、ロータリー平和センターが設置されている大学とのリエゾン(連絡役)を務めます。 

委員長

ピーター R. カイル


ロータリー平和センター計画委員会

2016-17年度の計画委員会の活動を引き継ぎ、ロータリー平和センターの成長戦略を立案する。

委員長

K.R. ラビンドラン


ロータリー平和センター・ホストエリアコーディネーター

ホストロータリアン、ロータリー平和フェロー、ロータリー平和センターの間の主な連絡役を務めます。また、財団とともにロータリー平和センターの活動を推進します。

委員長

バート L. クリアリー


財団補助金専門家

財団補助金の適切な管理を徹底させ、補助金プロジェクトの計画において専門知識を提供し、プロジェクトを計画・実施するロータリアンを援助します。

委員長

フィリップ J. シルバース


ロータリー財団100年誌委員会

ロータリー財団の最初の1世紀に関する歴史書の調整を担います。

委員長

セオドア D. グライリー二世 


水と衛生大口寄付推進計画委員会

「水と衛生」の重点分野のために3~5年にわたり2500万ドルを集める取り組みを指揮し、調整に当たります。

委員長

ビナイ・クルカニ


学校における水と衛生委員会

学校における水と衛生のターゲットチャレンジの試験的取り組みの実施を評価・指導します。

委員長

スシル K. グプタ


インターナショナル・ポリオプラス委員会

地域および国際レベルのポリオプラス委員会を統括し、ポリオプラスのあらゆる側面の調整を図り、ポリオ撲滅を達成するための方針と戦略を作成します。

委員長

マイケル K. マクガバン


アフガニスタン・ポリオプラス委員会

管理委員会が立てた方針と目標に沿って、アフガニスタンにおけるポリオ撲滅に向けたロータリー財団の活動を援助します。

委員長

モハマド I. ニアズマンド


アフリカ地域ポリオプラス委員会

アフリカにおけるポリオ撲滅プログラムへのロータリーの参加について優先事項や活動を提案するにあたり、管理委員会とインターナショナル・ポリオプラス委員会に助言を提供します。また、この地域の国別ポリオプラス委員会の活動の調整に当たります。

委員長

アショク R. ミルチャンダニ


東地中海地域ポリオプラス委員会

東地中海地域におけるポリオ撲滅プログラムへのロータリーの参加について優先事項や活動を提案するにあたり、管理委員会とインターナショナル・ポリオプラス委員会に助言を提供します。また、この地域の国別ポリオプラス委員会の活動の調整に当たります。

委員長

アブドゥル R. ロハイラ


End Polio Now:歴史をつくるカウントダウン・キャンペーン委員会

ロータリーのポリオ撲滅活動の最終段階(個人、クラブ、地区の活動を含む)における資金的援助を監督し、募金活動を実施します。

委員長

ジョン F. ジャーム


国別ポリオプラス委員会委員長

管理委員会が立てた方針と目標に沿って、各国におけるポリオ撲滅に向けたロータリー財団の活動を援助します。ポリオが撲滅されている国の委員長は、ポリオの再発生を予防するために、財団と協力して活動します。

国別の委員長

アフガニスタン:Mohammad I Niazmand

アンゴラ:Not available

バングラデシュ:Salim Reza

ベナン:Ashok R. Mirchandani

ブルキナファソ:Ousmana Ouedraogo

カメルーン:Jean-Richard Bieleu

チャド:Djétodjide Tetimiam

コンゴ民主共和国:Fred Ne Tiabu Tatukila

コンゴ共和国:Roland Rizet

コートジボワール:Guy Daipo

エジプト:Ahmes K. Ghabrial

エチオピア:Tadesse G. Alemu

ガボン:Annie Reymond-Yeni

ガーナ:Theresa Osei Tutu

ギニア:Serge O. Sarr-Keita

インド:Deepak Kapur

インドネシア:Thomas Aquinas

ヨルダン:不在

ケニア:Kaushik L. Manek

レバノン:Joseph Rachkidi

リベリア:David K. Vinton

マリ:Aliou A. Maiga

ネパール:Ratna Man Sakya

ニジェール:Gaston Kaba

ナイジェリア:Abdulrahman T. Funsho

パキスタン:Aziz Memon

スリランカ:Piyasiri M. Gunawardena

スーダン:Sohaib M. Elbadawi

トーゴ:Germain Gbehomilo N. Tomegah

ウガンダ:Henry K. Kyemba


ナイジェリア・ポリオプラス委員会

管理委員会が立てた方針と目標に沿って、ナイジェリアにおけるポリオ撲滅に向けたロータリー財団の活動を援助します。

委員長

アブダルラフマン T. フンショ


パキスタン・ポリオプラス委員会

管理委員会が立てた方針と目標に沿って、パキスタンにおけるポリオ撲滅に向けたロータリー財団の活動を援助します。

委員長

アジズ・メモン


ポリオプラス歴史検討委員会

ポリオプラス・プログラムの歴史の執筆を監督し、歴史的な事実や正確性について著者に援助を提供します。

委員長

ジョン L. セバー


ポリオプラス・アドボカシー

ポリオ撲滅アドボカシー・タスクフォース:米国

ポリオ撲滅に必要な資金投入の重要性、緊要性、ニーズについて米国政府やその他の資金援助団体に伝えるロータリーの取り組みを指揮し、調整に当たります。

委員長

アン L. マシューズ


ポリオプラス国別アドボカシーアドバイザー

ポリオ撲滅アドボカシー・タスクフォースに助言と援助を提供します。

コーディネーター

ジュディス A. ディメント