国際ロータリーの会長

2017-18年度国際ロータリー会長に選ばれたイアン・ライズリー氏は、サンドリンガム・ロータリークラブ(オーストラリア、ビクトリア州)の会員です。テーマ「ロータリー:変化をもたらす」に込めた願い、旅行記録、目標などをご覧ください。

会長の取り組みをサポート

ライズリー会長は、2017-18年度に「ロータリー:変化をもたらす」のテーマの実践をめざして協力しあうよう、会員に呼びかけています。

ライズリー会長はまた、2018年4月22日の「アースデー」(地球の日)までに、120万人の全ロータリアンが木を1本ずつ植えるよう呼びかけています。そのためのアイデアや植樹に関するアドバイスは、環境の持続可能性のためのロータリアン行動グループのウェブサイトか、同グループによる「120万人の植樹」パンフレットをダウンロードしてご覧ください。また、植樹の体験談をハッシュタグ #pledgetoplant を使ってSNSでシェアしたり、ロータリーショーケースの「環境保全/環境保護」のカテゴリーに掲載することもできます。

会長をフォロー

今年度、各地域で奉仕活動をする世界各地のロータリークラブをライズリー会長が訪問します。 

会長主催平和会議

世界各地で6回にわたり開催される会長主催平和会議にぜひご出席ください。平和をはじめとするロータリーの重点分野と環境問題を取り上げる一連の会議で、同じ関心をもつ世界中の人とつながることができます。

代理

会長は毎年、地区大会の出席者を激励するために会長代理を任命します。

委員会

国際ロータリー会長とロータリー財団管理委員長によって毎年任命される委員会は、ロータリー戦略計画(クラブのサポートと強化、人道的奉仕の重点化と増加、公共イメージと認知度の向上)を支えます。

今年度の委員会:

会長賞

毎年、ロータリーとクラブの成長と認識向上に向けて、多くのクラブが会長賞の受賞要件となる活動に取り組みます。今年度のロータリークラブ、ローターアクトクラブ、インターアクトクラブ用会長賞の受賞基準はこちらをご覧ください

会長エレクト

2018-19年度に会長となるバリー・ラシン氏の略歴はこちらをご覧ください。