新クラブをつくろう

クラブをつくろう

新クラブの設立によって、ロータリーのネットワークがさらに広がり、より良い地域社会づくりが促進されます。

新クラブアドバイザーが地区リーダーと協力して、新クラブ設立のプロセスを立案・支援します。ほかのクラブや個々の会員も、新クラブの「スポンサー」や「メンター」となれば、大切な役割を果たすことができます。

クラブ設立のプロセスについて詳しくは、「新ロータリークラブ結成のクイックスタートガイド」(PDF)をご覧ください。

クラブ設立の理由

ロータリアンと、これから会員になるという方の両方がクラブを設立できます。以下のような場合に、新クラブの設立を検討してみてください。

あなたがロータリアンである場合:

  • まだクラブが存在しない地域が地区内にある
  • 自分のクラブに新会員を入会させることができない
  • 例会曜日と時間の都合がつかない会員(または入会候補者)がいる
  • オンラインでの例会、より少ない例会頻度、異なる例会形式を望む会員がいる(「クラブの柔軟性」のページをご参照ください)

あなたがロータリアンでない場合:

  • 地元にロータリークラブがない
  • 地元のクラブは自分のニーズに合わない
  • ユニークな方法で地域社会に貢献したい

クラブをつくるには?

まず、地区ガバナーをはじめとする地域内のロータリーのリーダーに連絡しましょう。これらの地区リーダーが、クラブ設立の条件などをアドバイスしてくれます。地域の地区ガバナーが誰だか分からない場合は、クラブ・地区支援担当部にEメールでご連絡ください。設立に際しては、以下の条件に留意してください。

  • 新クラブの創立会員は最低20名であること
  • スポンサークラブ(ある場合)の会員数は最低20名であること

衛星クラブの設立

新クラブ設立への関心があっても、会員20名を確保できないという場合は、既存のクラブをスポンサークラブとする衛星クラブを設立できます。衛星クラブの設立には、少なくとも8名の会員が必要となります。衛星クラブは、異なる時間に例会を開き、独自の細則、クラブ文化、クラブ役員を有します。衛星クラブは、正規の独立したロータリークラブとなるための短期的な移行段階として機能します。詳しくは以下のリソースをご参照ください。

リソース&参考資料

ツール

ロータリーからの支援