パートナー

クラブがロータリーのパートナーと協力する方法

より効果的で持続可能性の高いプロジェクトを計画するため、ロータリーのパートナーとクラブが協力することができます。

まずは、プロジェクトが地域社会のニーズに取り組むものであるかどうかを確かめるため、以下を行いましょう。

すでにロータリーのパートナーとなっている団体も含め、協力できる可能性のある団体を地元で探してみましょう。


アショカ(Ashoka)

アショカは、「アショカ・フェロー」と呼ばれる3,000人以上もの社会起業家が集まる国際的組織です。フェローは、積極的な社会・経済的変革をもたらすために活動しています。また、地域社会、ビジネス、他団体と協力し、持続可能性が高く、意義ある改善を促す革新的なベンチャーに取り組んでいます。

ロータリー会員はアショカ・フェローと共に、エジプト、メキシコ、ナイジェリア、オランダ、フィリピン、ルーマニア、スペインにおける地域社会の発展プロジェクトで協力できます。フェローは、地元のビジネスや地域リーダーのネットワークをロータリー会員に紹介することができます。

>>詳しくはこちら(PDF  英語のみ)


ハビタット・フォー・ヒューマニティ

ハビタット・フォー・ヒューマニティは、住む場所を必要としている個人や家族のために家を建てる、または改善する活動をしている世界的な非営利組織です。
ロータリークラブは、日本のハビタット支部と直接協力し、家を必要とする人たちがいる地域を特定したり、家の建設のための現物寄贈の呼びかけ、プロジェクトでのボランティアなどを行うことができます。クラブはまた、水と衛生状況の改善や、より良い生活を送るために必要なスキルと独立心を養う活動で、ハビタットの支部と協力できます。

>>詳しくはこちら(PDF)
>>お問い合わせ


経済平和研究所

経済平和研究所は、平和の経済的価値を測定し、報告することを主な活動内容としています。教育や地域に根差したプログラムの実施を通じて、地域社会の安定性を高めています。

経済平和研究所とのパートナーシップを通じ、クラブはオンライン研修や、新しい平和構築の方法と紛争の根原について追求するためのウェビナー(Peace Academy)を行うことができます。クラブはまた、メキシコとコロンビアで行われる「積極的な平和のワークショック(Positive Peace workshop)」にも参加します。このワークショップには、紛争解決プロジェクトについて話し合うため、多様なグループや地域社会のリーダーが出席します。

>>詳しくはこちら
>>お問い合わせ


国際失明予防協会(IAPB)

国際失明予防協会は、非政府組織、眼科グループ、眼科研究・教育機関、企業などから140名の会員を有する組織です。

クラブと地区は、白内障検査と治療、糖尿病による眼科検診、フォローアップの診察などの分野で、IAPBの活動に協力できます。

>>詳しくはこちら(PDF)
>>お問い合わせ


平和部隊

米国平和部隊は、各地にボランティアを派遣し、地元の文化に触れながら、地元の人たちと最も切迫した課題に取り組んでいます。平和部隊ボランティアは60カ国以上で活動しており、非政府組織、受入国の政府、地元の人たちと協力しています。

ロータリークラブは、プロジェクトの受益者の特定、地域調査の実施、現地住民のプロジェクトへの参加促進といった分野で平和部隊のボランティアと協力できます。平和部隊ボランティアは帰国後、ロータリークラブの例会で卓話をしたり、国際的なプロジェクトで平和部隊とのパートナーシップに関心があるクラブに平和部隊を紹介することもできます。

>>詳しくはこちら
>>お問い合わせ


シェルターボックス

シェルターボックスは、自然災害の直後に被災者のための緊急シェルターや物資を提供しています。

ロータリーはシェルターボックスと共に、災害復興のさまざまな段階で協力しています。これには、支援が必要な地域の特定、復興活動でのボランティア、政府高官や救援団体との会合の調整、物資購入のための資金提供などが含まれます。ロータリーはまた、通関でのスムーズな手続き、派遣チームの宿泊先や交通手段の手配、現地語の通訳の提供などで協力できます。

>>詳しくはこちら(PDF)
>>お問い合わせ


米国国際開発庁(USAID)

USAIDは、世界最大の政府開発組織の一つです。ロータリーとUSAIDはガーナ、マダガスカル、ウガンダで安全な水と衛生設備を提供しています。

クラブはこれらの活動に資金的援助を行ったり、技術的支援や現地でのサポートの提供、水質や衛生設備の改善のためのアドボカシー活動などを通じてUSAIDと直接協力できます。

>>詳しくはこちら
>>お問い合わせ