青少年交換

海外で現地のホストファミリーとともに生活し、語学力や異文化への理解を深めたい。そんな願いを実現し、世界の広さを体感できるチャンス、それが「ロータリー青少年交換プログラム」です。異文化交流を通じて、今まで知らなかった自分と可能性を発見しませんか?

ロータリー青少年交換とは?

ロータリー青少年交換は、高校生が交換留学生として海外に派遣されるプログラムで、数週間の短期交換から1年間の長期交換があります。地元のロータリークラブがスポンサーとなって留学生をサポートします。

誰がプログラムに参加できますか?

以下の資質をもった15~19歳の青少年が参加できます。

  • 学校や地域社会でリーダーシップを発揮している
  • 積極的かつ柔軟に新しいことにチャレンジできる
  • 異なる文化を受け入れることができる
  • 母国を代表する親善使節として行動できる

費用はどのくらいかかりますか?

ホストファミリー宅での部屋代と食事代は、地元のロータリークラブから提供されます。また毎月、小額の給付金(お小遣い)が支給されます。参加者は通常、以下の費用を自己負担する必要があります(必要額は国によって異なります)。

  • 往復航空券
  • 保険
  • 旅行に必要とされる書類(パスポートやビザなど)
  • 追加の旅行費用、観光費用、その他の支出

申請方法

留学生派遣と交換の種類は、各ロータリークラブが決定しています。

  • 地元のロータリークラブと連絡を取り、そのクラブが青少年交換プログラムに参加しているかどうかをご確認ください。
  • クラブがプログラムに参加している場合、交換の種類や期間をご確認ください。
  • クラブが定めている申請方法に従って、申請を行ってください。

留学生の選考手続きに長期間を要する場合もありますので、希望する留学開始時の遅くとも6カ月前までにクラブと連絡を取るようにしてください。

地元のロータリークラブを探す

留学生のホストファミリーになることはできますか?

ホストファミリーとなることに関心のある方は、地元のロータリークラブと連絡をお取りください。自宅にいながら異文化交流と国際体験ができるのが、ホストファミリーの醍醐味です。ホストファミリーは、留学生を家族の一員として温かく迎え、部屋と食事を提供し、一緒に生活します。

地元のロータリークラブを探す