ロータリー研究会

毎年開催されるロータリー研究会には、現在、過去、将来のロータリーリーダーが出席し、国際ロータリーとロータリー財団についての意見交換を行うほか、お互いの交流を深め合います。研究会は以下のようなプログラムで、通常3~5日間開かれます。

  • ロータリー財団とそのプログラムについての最新情報
  • ポリオ撲滅活動の進捗報告
  • RI5カ年財務見通し計画(RI理事が発表)
  • 理事会への提案に関するオープンフォーラム
  • ロータリー関連トピックについての講演(国内外の講演者)
  • 交流会、リーダーシップの発揮と奉仕を続けていく意欲を高める機会
  • エンターテイメント(余興)、視察訪問

規定審議会が開催される年度には、審議会代表議員と補欠議員のためのセッション、審議会立法案について討議するための本会議も行われます。

研究会の実施

研究会は、複数ゾーンが合同で開催したり、単独ゾーン、ゾーンの一部のみで開催することもできます。RI会長により任命された各研究会の招集者が、研究会の運営・開催、ならびに会合中にRI会長を代表する任務を担います。多くの研究会では、ロータリーの元役員が、講演者、パネリスト、討論リーダー、研究会実行委員として参加しています。

出席者

現在、過去、将来の地区ガバナー、RI会長、理事、管理委員、地域リーダー

今年のロータリー研究会

研究会の開催日程、会場、プログラムに関する詳細

リソース&参考資料

手続要覧