地区大会

毎年、地区ごとに地区大会が開かれます。地区大会の目的は、クラブ会員がロータリーの最新情報や地区内の活動状況について学び、ほかのクラブのロータリアンと交流することです。地区大会は通常、1~2日間にわたって行われ、以下のようなプログラムが含まれています。

  • 会長代理の訪問(大会中、会長代理が国際ロータリーの最新情報を伝え、会員の活動意欲を鼓舞する)
  • 地区に関する報告(活動成果と課題を含む)
  • 地区案件の討議と投票
  • 地区会員が関心をもつような主題の講演(地元や海外の講演者による)
  • 交流・ネットワーキングの時間、奉仕活動やリーダーシップに関する情報の提供

地区大会の計画に役立つリソース

地区大会の計画は、ガバナーと協力の下、地区大会委員会が担当します。地区大会の計画に役立つリソースを以下にご紹介します。

  • 地区大会を成功させるための5つのステップ:地区大会の企画と実施に役立つアドバイスと情報を紹介。
  • 手続要覧:ロータリークラブのための方針と組織規定。地区大会に関する規定(投票、選挙人の信任、地区大会での決定、立法案の提案など)を含む。
  • ロータリーのブランドリソースセンター:クラブ名や地区番号入りのロゴのテンプレート、推進用資料、ロータリー徽章の正しい使用方法、ビジュアルアイデンティティ(色、デザイン、写真)およびウェブサイトやその他のドメインネーム使用に関するガイドライン。
  • 地区大会に関する役割と責務:大会の計画に携わる方々の責務をまとめた資料。
  • 地区大会の危機管理:契約に関するアドバイスを含め、地区大会に関連するリスクを最小限に抑えるためのプロセスを概説した資料。
  • 席次:地区大会でロータリアンを紹介する際の席次。

会長代理

会長代理と地区ガバナーのためのリソースは、会長代理のページからダウンロードしてご覧ください。

ロータリーからのサポート

地区大会に関する情報は、地区大会委員長または地区ガバナーまでお問い合わせください。